協立総合病院 看護部
わたしたちの看護

●総看護師長ごあいさつ●看護部概要●部署紹介

総看護師ごあいさつ

総看護師長
小出 あや
あなたが持つ「創造力」を発揮して
新しいことに前向きに挑戦してほしい

当院では創造性を大切にしてほしいという考えから、職場の自由度を高くするように心がけています。そのため、入職される新人看護師のみなさんにも、既存のレールに沿って行動するという考え方ではなく、自分自身も職場を作る一員だという意識で主体的に仕事に取り組んでもらいたいと思います。

最近は患者さんからも多様なニーズを求められる時代になりました。だからこそ、自由な発想を生かして何事にも柔軟に対応できる人になっていただきたいと思います。

私のなかではこうした人を「しなやかな看護師」と表現しています。柔軟に対応する力を持っている一方で、困難に直面しても、決して折れることなく粘り強く物事を考えられる。そんな人になってほしいですね。

当院の看護部は、新しいことにも「面白いね!」「やってみよう!」と考え、前向きに取り組める風土があります。ぜひこうした環境を生かして活躍してもらいたいと思います。


看護部概要

使命

質の高い看護サービスの提供を通して、健康の回復・増進を実現し、
患者・組合員・地域住民に貢献する。

方針

よりそう・・その人らしさを支えにその人の生き方によりそう看護
つむぐ・・・豊かな感性、誠実さをもって人と人の関係をつむぐ看護
つなぐ・・・このまちと生き、このまちの人と手をつなぎ、健康を守る看護

看護活動

●『いのちの章典』
全国に109の事業所をもつ日本医療福祉生活協同組合連合会が目指す組合員と職員の権利章典であり、いのちとくらしを守り健康をはぐくむための権利と責任を掲げています。
いのちの章典に基づき人権を守る「カルテ開示」など実際の看護の場において、一人一人のいのちとこれからのくらしを守る視点と行動を大切にしています。

●地域と医療との協同の“わ”を広げます
看護職員も地域と関わり、協同の“わ”を広げ、「地域まるごと健康づくり」を実践しています。
2015年には各部署の特色を活かして地域の方へ伝える「生協マルシェ」を開催しました。また地域の活動に交流する機会もあり、それぞれがよりそいながら取り組んでいます。

● 学び合い・育ち合い
現在、NSTや緩和ケア、褥瘡対策などコメディカルとチームを組み、様々な視点から考え、対応できる力を養っています。
また認定看護師を中心に新しいことへチャレンジするなど、それぞれの力を発揮できる場を作り出しています。
さらに、がん看護、嚥下、認知症対応などプロジェクトをつくり、学び質の高い看護が提供できる環境づくりに取り組んでいます。

▲このページのトップへ

部署紹介

部署紹介

▲このページのトップへ